ABSTRACT

作品は、私の言葉である。

着物は一つの繭から始まり、多くの人々の献身的な努力と技術によって生み出されます。
そしてそれらは愛情を持って受け継がれる日本の文化そのもです。

人々の生活の変化に伴い、多くの着物はタンスの中で眠り続け、ときには傷み、捨てられてしまいます。

そういった、灰にするはあまりに美しい着物たちに、もう一度新しい命を吹き込み、

再び誰かに愛される姿を見ることは、私の大いなる喜びです。